lOVE

二人の愛を証明する結婚指輪|何年経っても薬指で輝き続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとも高価で大切な指輪

男女の手

左手の薬指につける意味

女性の憧れでもある、思いが通じあった男性からのプロポーズで受け取る婚約指輪は、左手の薬指につけます。この特徴には意味があり、心臓に一番近い指が薬指であり、もっとも大切な指につける指輪に約束を果たすという気持ちが込められています。結婚指輪はほとんどの人がジュエリーショップで購入しますが、男性の給料の3ヶ月分が予算相場とされています。しかし実際には20万円から30万円程度が予算相場として購入されている特徴もあります。もっとも給料の3ヶ月分が婚約指輪の予算という考えは、プロポーズで婚約指輪を贈ることが定着しつつあった、1970年代に販促のために広まったキャッチフレーズとの説があります。いずれにせよ、男性にとっても女性にとっても、一番高価で、大切な指輪となることが多いのが婚約指輪です。

男性側で気をつけたいこと

ジュエリーの知識は一般的には男性よりも、身に着けることが多い女性の側の方が豊富です。そのため婚約指輪のように男性が主導して購入することが多いジュエリーでは思わぬ失敗例も多いため、注意が必要です。男性が婚約指輪を購入するにあたって、特に注意をしたい点がデザインだけにとらわれないということです。婚約指輪の性格上、結婚指輪よりも派手なものが好まれますが、実際に身に着ける女性の側の気持ちも考慮することが大切です。中でもつけ心地の良さは、結婚後に普段使いする場合にはとても重要なので、できれば相手と話し合って決めることです。また婚約指輪ということで気合が入りすぎて、予算オーバーをしてしまうことも男性側の失敗でよくあるので、無理のない予算をあらかじめ決めておくのも得策です。