lOVE

二人の愛を証明する結婚指輪|何年経っても薬指で輝き続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な指輪の知識

男女

デザインの種類

愛の証である婚約指輪は、現在多くの種類が販売されており、購入するのに迷ってしまうカップルがほとんどです。婚約指輪には、多く分けてソリティア、メレ、パヴェ、エタニティと呼ばれる4つの種類があります。ソリティアは一番一般的なタイプでダイヤが一粒ついたシンプルなもの、メレは真ん中にダイヤ、その両端に小さなダイヤがついたもの、パヴェは指輪のアーム部分にダイヤをちりばめたもの、エタニティは同じ大きさのダイヤを並べたようなデザインのものです。このほかにも、リングが変形しているものやVカットになっているものなどデザインに関しても膨大な種類があります。しかしどの種類も大きく特徴が分かれているため、まずはどのタイプのデザインかを決めておくことで、婚約指輪選びをスムーズに行うことが出来ます。

ダイヤの種類

婚約指輪に欠かせないのがダイヤです。ダイヤは、4Cと呼ばれる基準によってランクが分類され、それによって値段が大きく変わるのが特徴です。4Cとは、カラット、カット、カラー、クラリティという4つのCから始まる単語の総称で、カラットは大きさ、カットは研磨状態、カラーは色味、クラリティは透明度のことを指します。4つすべての基準が最高峰であるものほど値段が高く、どれかのランクだけ低いものや、全てのランクが低いものほど値段は安くなっていきます。婚約指輪はダイヤによって値段が大きく変わります。しかし結婚には、婚約指輪の他にも様々な部分でお金がかかるため、ある程度予算を決めておき、デザインとダイヤ、どこに基準を置くかを見極めておくことが重要です。